「創業宝暦二年。金沢で最も歴史ある料理屋。」

加賀百万石の礎を築いた前田利家が尾張に居を構えていた頃から代々のお抱え鍔師だった鍔家。
その三代目甚兵衛が宝暦二年(1752年)に鍔師の傍ら営んだ小亭・塩梅屋「つば屋」が「つば甚」の始まりとされております。友人知人をもてなした趣向に満ちた料理がたちまち評判となり、藩主はもとより藩内の重臣が訪れるようになりました。そして文明開化のあとも文人墨客をはじめ県内外から多くのお客さまにお越しいただき、今では金沢を代表する老舗料亭として海外からのお客さまからもご贔屓いただいております。

金沢の郷土史「亀の尾の記」に。

200年以上前に書かれた金沢及近郷の地名、名所、旧跡、神社仏閣等郷土の地理、歴史を中心に書かれた郷土史として有名な
「亀の尾の記」の一部につば甚の前身、塩梅屋 鍔屋甚兵衛が紹介されています。

亀の尾の記